ドット演算子と配列アクセス演算子[] – 配列強化週間その0

adobe Flashドキュメンテーションより

ドット演算子および配列アクセス演算子は非常に似ています。ドット演算子では、識別子がプロパティとして見なされますが、配列アクセス演算子では、その内 容が名前として評価され、その名前が付いたプロパティの値にアクセスします。配列アクセス演算子を使用すると、インスタンス名および変数を動的に設定および取得できます。

ドット演算子との違いは、配列アクセス演算子を使用することで、オブジェクトのプロパティを文字列で参照することができる。これにより、オブジェクトのプロパティへ動的に参照することが可能になる。

もっとちゃんと説明を書きたいけどKeycoardあんまり触ってないから続きは今度書こ。

Tags: ,

The URL to TrackBack this entry is:

コメントをどうぞ