webサイトのディレクトリ、構成は制作環境も考慮する必要がある?

BONKURA BLOGさんの記事でwebサイトの構成について触れられていました。
http://blog.bonkura.jp/2008/10/post-40.html

全く同感というか、基本的に同じ構成で私も制作しています。コレに対して、以前あったクレームを紹介します。

サイト構成はクライアントにより異なる

私の場合は通常、サイトのディレクトリはカテゴリ毎にフォルダを切って細かく分類するようにしています。画像や他データについてもどのページで使用されているかを分類できるようにフォルダ分けしています。

前に制作させていただいたサイト担当者から「階層が深すぎて更新がしづらい」との指摘がありました。更に「編集しようとすると文字化けするよ」とも、、、

この案件については、制作後に先方に納品、更新は先方で行うことになっていたので事前に確認、すり合わせをする必要がありました。それを怠った私のミスです。

文字化けについては、先方で使用している編集ソフトがフリーのもので、なおかつ期限切れで文字コードに対応できていないというものでした。

制作環境に応じたサイト構成も考慮する

サイト構成は基本的には情報設計に合わせ、その設計に基づいた構造を作るべきだと自分の中では考えています。ただ上記のように制作後先方に納品する場合、更新する側の制作環境が違えば作業にも影響が出てくることがあります。

これは打ち合わせの時に先方へ確認すれば済むことなので、文字コードの設定も含めサイトの仕様、構成を事前に確認しなければなぁと一つ教訓になりました。

The URL to TrackBack this entry is:

コメントをどうぞ