WordPress奮闘記その1 – XAMPPのインストールをしてみた。

ちょいと案件でWordPressを使うことになったので、テスト環境としてXAMPPをインストールしてみました。

XAMPPのインストール

インストール時(2009/05/09)は1.7.1でした(win)。ちゃんと日本語版でリリースされているし、インストール作業は比較的簡単。

ダウンロード→インストーラを選んで「xampp-win32-1.7.1-installer.exe」をダウンロード。その後はウィザードに従って進めば数分でダウンロードが完了します。途中で「○○をサービスとしてインストール」とかのチェックがあるけど、ひとまずチェックはしないでスキップ。

Cドライブ配下にxamppをインストール、完了するとxamppコントロールパネルが開かれます。XAMPPは自動起動するわけではなく、こちらから任意で起動をさせるとのこと。
WordPressを動作させるにはApatchとMySqlが必要なのでパネルの「開始」ボタンを押して各サービスを起動させます。

Apatchが起動しない

あれ?Apatchが起動しない!!

早速ググってみると、原因はスカイプ(skype)でした。下記記事に感謝です。
http://www.session18.net/blog/2007/08/xampp/trackback/

スカイプを終了して再度Apatchを開始、、、

キターーーーーーーーー!

また同様の問題が起きるのはイヤなので、記事の通りスカイプ側でポートの設定を変更する。

  1. スカイプ→ツール→設定→詳細→接続を選ぶ。
  2. 「上記のポートに代わり、ポート80を使用」のチェックをはずす

 

http://localhost」でXAMPPの画面が表示されればOK!言語を選択した後、「セキュリティ」から.htaccessとかデータベースのパスワード設定ができます。

The URL to TrackBack this entry is:

コメントをどうぞ