同じオブジェクトの複数ステートメントはwithを使って簡素化。

withステートメント

例えば一つのオブジェクトに対してx座標、y座標、透明度を指定する場合、下記のように記述していた。

var _mc:MovieClip = new MovieClip();
_mc.x = 100;
_mc.y = 100;
_mc.alpha = 1;

上記のコードは下記のように省略できる。しかも一つのグループであることが解りやすい。

with(_mc){
 x = 100;
 y = 100;
 alpha = 1;
}

イベントリスナーの登録なんかにはものすごい威力を発揮すること間違いなしです!(つーか普通はみんな知ってるのか、、)

//LoaderクラスのcontentLoaderInfoプロパティ
with(_loadInfo){
 addEventLisetner(Event.INIT,initHandler);
 addEventLisetner(Event.COMPLETE,completeHandler);
 addEventLisetner(ProgressEvent.PROGRESS,progressHandler);
 addEventLisetner(IOErrorEvent.IO_ERROR,IOErrorHandler);
}

The URL to TrackBack this entry is:

コメントをどうぞ